昔ながらの製法を守り、ピスコ・ワインをつくるワイナリー見学。

ファカチーナに2泊した後は、さらに南部の観光スポット、アレキパを目指して出発。立ち寄った酒蔵でできたてのピスコを堪能する。

4月24日。今日は朝から昼まで自由時間。午後からは南の街アレキパに向かってロングランの移動を開始。

アレキパはとりあえずスルーすることにしたので、その後のクスコ、マチュピチュの1週間ほどのプランを練り上げて、宿を予約したり準備をすすめることにする。

がしかし、宿のWIFIが動かない。
南米のWIFIは基本不安定。

仕方なしに、10時頃にブランチ兼ねて近くのレストランに。
WIFI動く、動く。

15ソレスとあって、ブランチは豪華なアメリカンスタイル。コーヒーも美味しかった。
アメリカンブランチ

マチュピチュに関することをすべて調べ上げて、宿も予約して満足。

午後13:30に宿に戻ったら、メリッサが何やら叫んでる。
どうやら、13時集合だったらしい。
出発14時ってスケジュール表に書いてあったやん汗

メリッサと皆様をちょっとだけ焦らせてしまって反省。

バスに乗り込んで近くのワイナリーによる。これもツアーの一環なので、入場料とかは基本的に必要ない。

ワイナリーでは、ピスコノ作り方や、ピスコに至る前の行程で生まれるワインなどの行程を見学する。ひとつの材料から、2種類のお酒をつくるわけか、なるほど。

材料のグレープ。
グレープ

グレープを潰して果汁を搾り取るための圧縮蓋。
グレープを潰して果汁を搾り取るための圧縮蓋。

ぶっとい万力。
ぶっとい万力。

まさにピスコがこの世に垂れ落ちる瞬間。
まさにピスコがこの世に垂れ落ちる瞬間。

この生まれたてのピスコ飲んだけど、めっちゃキツイ!
40度くらいあるから、口の中がファイアー!!!!いたっ!

その後、みんなでレストランに集まって試飲会。
3種のワインからテイスト。アイスワインとまでは行かないけど、けっこう甘めなワイン。
la cava ってゆう銘柄。
・スウィート
・セミスウィート
・ドライ
の順。2番目がいちばんおいしかったかな。

続いて、ピスコ。
・グレープピスコ(普通のやつ)
・オレンジピスコ(ややオレンジフレーバーが香る)
・ミルクハチミツピスコ(カルーアミルクみたい)

どれも原液だからきっつい。

ピスコには正しい飲み方が存在する。

1.口の中に含む
2.クチュクチュする
3.飲み込む
4.口から息を吐く
5.口の中のファイアーを楽しむ

という流れ。
ムービーはこちら。


美味しかった。
バスに乗り込んでナスカへ。地上の展望台から見える、ナスカの地上絵を堪能する。
ここから見れるのは、HandsとTree。
展望台からの地上絵

ナスカの地上絵を横断しちゃってるハイウェイ。大切な地上絵をかすってる。文化保存、ちゃんとやってほしいな。
ナスカの地上絵を横断するハイウェイ

山間の道。日も暮れてきた。
山間の道

いざクスコへ!

COMMETNS

コメントをする

すべて必須項目です。メールアドレスは公開されません。