マチュピチュへの行き方 まとめ

マチュピチュへのアクセス方法をまとめます。

日本からリマ

日本からの時間:片道約22時間(最短 1stop @ロサンゼルス)
値段:往復で16万円〜(安い時期の2月・3月。 7月・8月が一番高く25万円)

・記事:いつ航空券が一番お得になるかわかるアプリ「Hooper」
・記事:航空券をやすくGETする方法

リマからクスコ

1.飛行機

会社:LAN Airlines
所要時間:1時間20分。
価格:往復約320ドル
便数:1時間おきに1日12便。

時間のないときはこちらの一択。
クスコは標高3000メートルを超えるので、空路で行く人は急激な高度変化で高山病にかかる心配がある。クスコではお酒やタバコは控え、水分、コカティや高山病の薬(これ効きます)をちゃんととって高山病対策には気をつける。

2.バス

バスは大きく分けて2つ方法がある。

2-1.リマからクスコへの直行便
会社:CRUZ DEL SUR
所要時間:20時間
価格:片道63ドル
便数:14:00 16:30 17:30の1日3便CRUZ DEL SURは地球の歩き方にも紹介されている南米では超有名な旅行バス。

180度のリクライニング、食事付き、WIFI完備(路線にもよる)、DVDの上映、などなど、飛行機でいうファストクラス並みの豪華さ。CRUZ DEL SUR以外にも、南米では外国人旅行客向けに豪華バスが走っているので、値段比較してみるといいかも。
他にもスペイン語が話せれば地元の路線バスを使うという手もある。値段は豪華バスの半分以下に治まるはず。
なお、直行便バスは4000Mのアンデス山脈を一気に超えるので、こちらも高山病対策には気をつける。
リマからクスコまでバスのルート1

2-2.観光名所をぐるっと回っていく方法。
会社:PERU HOP
所要時間:最短3日
価格:片道159ドル〜 宿代、ほか観光スポットの入場料込
便数:毎日1便運行

少しお金のあるバックパッカー向け。筆者が取った方法は5日のゆったりプラン。
ペルーはマチュピチュ以外にも見所がたくさんある。ペルーのガラパゴスと言われるParacas、砂漠の中のオアシスHuacachina、ナスカの地上絵Nazca Lines、温泉の街Arequipa、さらに、途中途中にはワイナリーや絶景スポットも盛りだくさん。なので、もし時間があるなら、PERU HOPをお薦めする。
リマからクスコまでの道のり

クスコからマチュピチュ(Aguas Calientes)

  • 1.電車
  • 2.バス+Railトレッキング

1.電車

会社:PERU RAIL または INCA RAIL
所要時間:約4時間
価格:片道75ドル〜
便数:1日3〜4便

実は、クスコからオリャンタイタンボまでは電車が運休中なので、コレクティーボかタクシーで行くことになる。オリャンタイタンボからアグアスカリエンテス(通称マチュピチュ村)まで電車。

PERU RAILINCA RAILも走る線は一緒、というか同じ資本のイギリスの鉄道会社らしい。ペルー政府が国鉄を外資に売り払ったらしい。外国人だとチケットが高く、年々値上がりしている。
青い機体のPERU RAILは、デフォルトでコレクティーボ付きの乗車券になる。
クリーム色の機体のINCA RAILは、電車の乗車券のみなのでクスコ-オリャンタイタンボ間は、自分でコレクティーボかタクシーを手配することになる。ホテルで手配してもらうか、無数にある旅行代理店で、チケットを手配する。相場は10〜15ソレス(500円)ほど。
クスコからマチュピチュまでの行き方

2.バス+Railトレッキング

会社:旅行代理店手配のバス(コレクティーボ=10乗りのバン)
所要時間:ハイドロエレクトロニカまでバスで6時間、そこから徒歩で2〜3時間。
価格:片道50ソレス前後(2000円)。
便数:1日数便。ただし朝一に出ないとトレッキング中に日が暮れるので早めに出発を。

線路の上をゆく、夢のスタンドバイミーコース。
コレクティーボで、クスコから山をグルーと迂回してハイドロエレクトロニカ水力発電所までいって、そこからアグアスカリエンテス(通称マチュピチュ村)まで、線路の上を歩くというコース。
コレクティーボの通る道は、後半断崖絶壁になるのでかなりスリリング。年間数台崖から落ちてるらしいので、運が悪いと落ちるかも。
線路の上のトレッキングは約2〜3時間コース。ジャングルの中を線路の上をひたすら歩くというアドベンチャーが満喫できる。たまに電車が来るので橋の上やトンネルでは引かれないように注意。

クスコからマチュピチュまでの行き方 スタンドバイミーコース

ハイドロエレクトロニカまでのコレクティーボは、クスコのアルマス広場にある無数の旅行代理店でチケットがすぐに手に入る。会社によって値段はまちまち、筆者は相場の50ソレスだったのと、ワイナピチュのチケットを取ろうとしてくれたりいろいろ親切にしてくれたので1軒目だったけど即決した。

ところで、ハイドロエレクトロニカからマチュピチュへむかう電車も走っている。値段は乗っていないので(調べたけど)不明。たぶん、20〜30ドルほどかと思われる。

マチュピチュ村からマチュピチュ遺跡へ

  • 1.歩き
  • 2.バス

1.歩き

ジグザグの山肌を2〜3時間のトレッキング。下りはいいけど、上りはきついかも。

2.バス

バスを使う人がほとんどだと思う。往復、25ドルくらい。ソルで払うか、ドルで払うかを聞かれる。さすが政府機関系のバスなので、料金表もしっかり明示されてるし、ぼられる心配はない。バスは朝5:30くらいから何十台と運行しているので、朝行って、並んで、自分の番が回ってきたらチケットを見せて乗るだけ。
Aguas Calienteの地図

COMMETNS

コメントをする

すべて必須項目です。メールアドレスは公開されません。