ウユニ湖横断ツアー2日目。火山地帯の奇岩、サルバドールダリが描いた湖を堪能。

完璧な居心地の塩のホテルを満喫。ただし、朝食はパンとコーヒー飲み。それはたぶん、寝坊した運転手イバールのせい。

前日、運転手のイバールに寝坊しないように厳命されていたんだ。朝6:30には出発するからなと。

だから、早起き苦手だけど、5:45分起床。
6:00時 朝食、ホテルの豪華さに反してパンと飲み物のみ。
6:30時 出発、のはずが運転手のイバールが寝坊していることが判明 笑

卵をあんだけ車に積んでたのに、朝ご飯がパンと紅茶だけだったのは、寝坊したイバールのせいちゃうかという疑惑。絶対そうだと思う。あー、お腹が満たされないな〜。

白いウユニ塩湖はもう終わりみたい。
位置関係はこんな感じ。ウユニの街から真西に行くと、塩湖。昨日行った魚の島などがある。
そこから南に下ったのが本日泊まった塩のホテル。今日はそこから200km南下した火山地帯と湖群を見て回る。
ウユニ一帯の地図。

赤褐色の山肌をもつ火山地帯へ向かって出発。
宿周辺のビクーニャ。アルパカ、リャマとの違いはよくわからない。犬と狼の違いって感じかな?
宿の近くのビクーニャ。

赤褐色の山肌。風が強い!
赤褐色の山肌

エイリアンの頭。溶岩が固まってできた自然のオブジェクト。
エイリアンの頭

デシーさん火山でサングラスロスト。聞けば拾いもんらしい。必死に探してるけど、いらんやん。笑
みんなで必死に探して、無事に見つけて車に戻る。
てか、窓がしまってるのに車のなかが砂だらけ。息をするのもしんどい。
エアコン?ラジエーター?なんの故障かわからないけど、とにかく煙たい。

ここウユニには4大湖があるとのこと。1発目の「Laguna Colorada」に到着。
湖。

なんと野生のフラミンゴが!
野生のフラミンゴ。

フラミング・ムービー。風が強い。

脇を見ればコヨーテ。
コヨーテ。

停まった車とボリビアの国旗。
停まった車とボリビアの国旗。

laguna Coloradaを別のアングルから。ウェブでみた画像の色と全然違う。
別の湖。

しばらく走るとまた山岳地帯。
車を停めると、ビスカッチャ発見!!別名アンデスウサギ。
みんなで撮影大会。
ビスカッチャ

ニッキが追う。ビスカッチャ逃げる。
ニッキが追う。

シモーネも参戦。ビスカッチャ包囲網が完成する。
ビスカッチャ包囲網。

奇岩地帯に到着。アジア人なら名前をつけそうなものだけど、奇岩には名前が付いていないらしい。
ウユニ湖の奇岩

別の角度から。
ウユニ湖の別の奇岩。

今日は、走って、停まって、撮影して、走って、停まって、撮影してのローテーション。
けっこう疲れてきたぞ。

夕方日の傾きかけた頃に、かのサルバドール・ダリが描いたとゆう赤い湖「laguna verde」に。
Verdeって緑色の意味なんだけど、湖は赤い。
聞くと、季節や時間によって、湖の色が変化するらしい。
ウユニ湖横断ツアーのLaguna Verde

景色は美しいが、とにかく寒い!南米の5月は秋のはじまり。ただ、標高が3500メートルもあれば、そこは極寒、真冬の地。
インスタグラムのエフェクトも無意識に寒い系を選びがちになる笑

奇岩・湖巡りを終えて、宿につく。見た目はパーフェクト!8人部屋が5個くらいあるホテル。他のツアーグループもここに滞在する。
ウユニ横断ツアー 2泊目の宿

しかし、寒すぎる!!
シャワーなし。ひもじい。

とりあえずみんなで紅茶を飲んで温まる。
夕飯はパスタ、野菜、などなど。量が足りない。

寒いのにカロリー不足で発熱できないよ!

今日はみんなで今日同部屋。
室内温度は4度、外はマイナス14度。デシーさんがハイテク時計で測る。
カナダを思い出す。とりあえず布団に入るも寒すぎて眠れない。縮こまって、体の上に荷物を置いて、ようやく就寝。

COMMETNS

コメントをする

すべて必須項目です。メールアドレスは公開されません。