ウユニのサンセットツアーに参加。5月だけど鏡張りが見れたよ!

5月は乾季に入り始めているので鏡張りは見れないって誰かが言ってたけど、見れた!沈みゆく夕日と、鏡張りのウユニ湖。天国にいるみたい。

7時ちょっと前にウユニ到着。殺風景でなにもない街。2キロメートル四方のサイズ。
何もないウユニの街

UYUNI!
UYUNIの電車

バスを降りると、かの有名な穂高観光の人からビラを渡される。
みんな客集めに必死やね。

とりま、

  • 1. 5月だけど鏡張りが見れるか、鏡張りのサンセットツアーがあるか
  • 2. チリまでウユニ湖を南に横断する2泊3日のツアーがあるか

2点を確認ポイントに、旅行会社探しスタート。

インターネットの事前情報では、ウユニの繁盛期は、雨季である1月、2月。鏡張りを見るためにやってくる日本人で宿が満杯になるという。星が一番綺麗に見える30日に1回の新月にはそれはもうヤバイことになるらしい。

ウユニの旅行会社はどこでも英語を話す人がいるので良かった。
1件目は、アマゾンツアーのスペイン人3人組から教えてもらったエージェンシーへ。2泊3日のツアーはすでに席が埋まってるらしい。ちなみに2泊3日プランで800ボリビアーノ(13000円)。なるほどなるほど。相場がわかった。そんなもんよね。

2件目穂高観光へ。店内には、日本、韓国、中国の寄せ書きが。アジア人向けのエージェンシーなんだね。
話をきくと、鏡張りが見れるサンセットツアーで800ボリビアーノ÷人数。つまりMAXの7人集まったら115ボリビアーノ(1800円)になるという頭割計算方式。
2泊3日のプランは750ボリビアーノ。お、安いやん!鏡張りも絶対見せてくれるっていうからここに決定!

どうも、鏡張りに感動するのってアジア人だけで、ヨーロッパ、アメリカンにはそれほど人気がないそう。穂高観光は、アジア人をターゲットにしてるから、鏡張りが見れるスポットを熟知しているし、水が残っているかどうかも毎日チェックしてるとのこと。

続いてホステルを5件ほどまわり、スタッフの対応の良かった、kutimuyに決定。シングル1泊100ボリビアーノ(1600円)。スペイン語しか話さないけど、普通にWIFI早かったし、部屋もきれいだったし、よかった。穂高観光からも徒歩5分以内。
ウユニの地図。

宿に荷物を置いて散策開始。宿の前ではウユニの朝市。
ウユニ朝市

ウユニの市場。
ウユニの市場。

パスタ、穀物の袋詰め。
穀物の山盛り。

市場のレストランでよくわからないまま12ボリビアーノの定食を頼む。
ウユニ市場の食堂。

普通にうまい。
ウユニでの朝食。

ケーキ食べたり、くだもの買ったりしてブラブラ。
駅周辺がきれいだったので写真をぱしゃぱしゃ。この砂漠のさびれた感じがGOOD。
ウユニの線路。

観覧車?の残骸。
観覧車?の残骸。

街をブラブラして宿に昼12時過ぎに帰る。
昼寝。2時すぎに起きてツアーへ。ちなみに宿の入り口が閉まってて、少しだけあいてたシャッターをくぐって出て行くというアクロバティックな出入り。

穂高観光の前に到着。
スタッフみんなボリビア人で日本人は一人もいないんだけど、普通に片言の日本語を話すからおもしろい。

もう一人の日本人がどんな人かと思ったら、イソラデソルであった人だった!
名前はデシーさん。48歳で、佐川で働いてて、今は仕事を辞めて世界一周をしてるらしい。普通にスペイン語でコミュニケーションが可能。すごいな。話しやすいし。カメラを4台も持ち歩いてる。

他のメンツは韓国人5人。みんなすごいオープンマインドでいい人。4人は27歳、一人は23歳大学生。スペイン語ネイティブレベルのイケメン、バドミントンの全米チャンピオン、カナダでワーホリ中にカジノで働いてニヒルガイ、昔スペインに住んでたとかゆるかわ系少女、巨乳で日本語が話せる美人のアンちゃんとか、すごくユニークで面白いメンツ。

ツアーは午後3時開始。電車の墓場、小さい街、塩のホテル、ウユニの入り口と回っていく。どこも面白い。砂漠の真ん中にある電車の墓場なんて、スチームパンクすぎてよだれがでる。
電車の墓場

電車の墓場。ずれた連結部分。
電車の墓場。ずれた連結部分。

スチームパンク萌えなさびさびの滑車。
スチームパンク萌えなさびさびの滑車。

砂に埋まった車輪。
砂に埋まった車輪。

線路の上で記念撮影。
線路の上で記念撮影。

ウユニ湖の入り口でみんなで記念撮影。
ウユニ湖の入り口で記念撮影。

自動車レース、ダカール・ラリーの記念日。
ダカールラリーの記念日。

んでいよいよ鏡ばり。
季節外れだったから半信半疑だったけど、普通にみれるやん!!!!!感動!!!!!!
ウユニ湖の鏡張り。

サンセット。
ウユニ湖の鏡張り

みんなで湖の中に降りて写真をぱしゃぱしゃ。やっぱ鏡ばりだよね!すばらしい。水深は10センチくらい。貸してもらった長靴を履いてバシャバシャ歩く。
車の外に出て撮影。

トリックアート(アートとよぶにはおこがましいが。。)
原人か人間への進化

ジャンプ!
ジャンプ!

日が暮れて月が煌煌と輝きだした。行った日は、快晴+満月。あたりが青白くひかって神秘的。だけど、夜空を撮るには少々明るい。設定を調整してなんとか夜空の写真も撮れた。F値3.5、ISO300、シャッタスピード12秒で三脚に固定。
オリオン座を捉える。南米なので北斗七星は見えない。代わりに南十字星が見える。
夜の星空

足が冷えてめっちゃ寒いけど、そとで頑張って写真を撮る。デシーさんがすごくコミュニケーションが達者で、いい集合写真をとってくれる。すばらしい。

鏡張りウユニ、ごちそうさま!!

ウユニお腹いっぱいの後に、デシーさんを塩のホテルで降ろして、ウユニの街に戻る。午後8時半。

韓国人メンバー5人と晩御飯。一人がスペイン語ぺらぺらだから、地元のレストランでもへっちゃら。リャマ定食20ボリビアーノ(320円)を食べる。

てかみんな明るくて楽しくて個性豊か。このメンツならずっと一緒に旅してて楽しいやろうな。巨乳のアンちゃんから、明朝のサンライズツアーにもぜひ行こう!って熱心に誘われたけど、この後2泊3日も控えてるし、後ろ髪引かれるけど、パスでいいか。

みんなとお別れして宿に帰宅。なんとシャッターが閉まってるという笑 
南米仕様??まだ10時半前なんですけど!!!

宿屋の前でまさかの野宿?!危険よね?

窓をどんどんして、ブザーを鳴らしたら係の人がでてきてくれた。よかった!!
シャワーを浴びて、日記を書いて、就寝。

COMMETNS

2件のコメント

  1. まっくす

    初めまして。
    GWにウユニへ行く予定なので、わかる範囲で教えて頂けますか。
    サンセットツアー終了後に直接空港まで送ってもらおうと思っていますが、乾季の鏡張りポイントから市内まで何時間くらいかかりましたか?
    飛行機が20:30発で、日の入りが18時過ぎです。18:30頃塩湖を出発すれば19:30頃には空港につけるかなと思うのですが…
    因みにプライベートツアーの予定です。

  2. sodeyama
    sodeyama

    まっくすさん

    歩く、撮る、世界旅のしんです。
    すいません!メッセージいま、気づきました。。
    自分はウユニの空港は使わなかったので、アドバイスらしいアドバイスもできなかったとは思いますが…

    無事に夕焼けの鏡ばり見れました??

コメントをする

すべて必須項目です。メールアドレスは公開されません。