パイレーツオブカリビアンのロケ地になったフリーポートにやってきた。

ハングオーバーと中南米タイムにやられつつも、なんとかやってきたフリーポートは、自然があふれる楽園。

4月16日。
首都のナッソーに比べると人が少なめ、時間がゆったりと流れる。
白くて柔らかい砂と、絶え間なく打ち寄せる3色グラデーションの海の波。自然があふれる素敵な島です。砂浜に落ちてるココナッツはストローをさせば飲める。ジャックスパロウもさぞかしフリーポートを楽しんだことだろう。

砂浜で拾ったココナッツと

お世話になったVenessaの実家に住み着く、元ストリートドック。最初は吠えるけど、匂いを覚えさせると吠えなくなる。
成り上がったストリートッグ

カラフルなバハマのナンバープレート
バハマナンバー

クライアントのkelvinと
kelvinと

フリーポートには信号が一つしかない。交差点はロータリー式交差が導入されている。
バハマの道

4月時分、雨季なのか、スコールが多かった。
スコール

バハマ名物のトリプルB。ドクターペッパーを2倍に希釈して、キャラメルを垂らしたような微妙な味。
TRIPLE B

バハマのスーパー。物価は日本と変わらない。働き先が少ないので学生がレジの終わりで荷物を詰めて、お釣りをチップとしてもらうというアルバイトやっている。
バハマのスーパー

COMMETNS

コメントをする

すべて必須項目です。メールアドレスは公開されません。